お客様と地域社会の満足度を高める営業活動を目指す横浜銀行

地元から信頼される銀行を目指すトマト銀行

お客様と地域社会の満足度を高める営業活動を目指す横浜銀行

横浜銀行の特徴

横浜銀行の前身「横浜興信銀行」は、第一次世界大戦による反動恐慌により破綻した七十四銀行、横浜貯蓄銀行の整理目的として設立されました。その後、戦後の復興期のなかで合併・統合を経て横浜銀行となり、当時地方銀行では最大規模であった「埼玉銀行」が都市銀行へ転換したことから、日本最大の地方銀行となりました。

現在の横浜銀行は神奈川県横浜市西区に本店を置く地方銀行で、略称「はまぎん」として親しまれる銀行として営業展開し、「Afreshあなたに、あたらしく」をプライドスローガンに掲げています。

横浜銀行は現在でも、地方銀行では総資産額は日本第1位を維持しており、信頼と実績のある地方銀行として親しまれています。また、神奈川県内横浜市・川崎市・相模原市・横須賀市など、多くの市町村においての指定金融機関であり名実ともに最大規模の地方銀行と言えます。

横浜銀行では社員への待遇面の改善も進め、これまで契約社員として働いていた社員を正社員に登用するなど、働きがいのある魅力的な職場への改善も行っています。営業活動の拡大としては、従業員が4〜5名程度の個人取引専用支店(ミニ店舗)としての拡大を展開しています。

また、東京23区内への営業拡大も進めており、法人取引専用支店として新設を行っています。法人取引専用支店では個人取引は扱わず、個人取引については個人取引専用支店のご利用となります。

横浜銀行では他の金融機関で呼ばれる「キャッシュカード」について、「キャッシュサービスカード」と呼んでいることも特徴の一つで、お客様に提供するサービスを前面に出している取り組みとも言えます。